パン教室の名前

主宰のはたけだまさこです

パン教室のお名前が決まりました
・・・実は去年からきまってましたが(/ω\)
image
ポコ‐ア‐ポコ(〈イタリア〉poco a poco)
音楽で、速度標語に添える語、「少しずつ」という意味です。
天然酵母パンは時間をかけてじっくり少しずつ発酵させて作ります。
そして、私自身もせっかちな所はあるのですが、一度にたくさんの事をこなせないぶきっちょさん。焦らないで少しずつ皆さんにパン作りの楽しさを伝えられたらいいなぁとこの名前をつけました。
お教室では自家製酵母
楽健寺酵母という酵母を使います
奈良(パン工房は大阪)の楽健寺で昭和47年から培養しつづけている酵母です
りんご・山芋・人参・ごはんという日本人になじみのある食材でつなぐ酵母はとても強く
焼き上がったパンの香りは花のようとも言われています。
私は去年の丁度今頃この酵母を知り、楽健寺さんより酵母をわけていただき
1年間つないできました。
レシピは楽健寺さんよりいただいたもの、農文協さんより出版されたもの
楽健寺法を学んできた方から教えていただいたものなーんとすべての配合が違っていました
( ;∀;)
その中から自分なりに試行錯誤してできあがったものです
パンは見た目も味洗練されたものというよりは素朴で味わい深く、ゆっくりと時間をかけて発酵しているので消化もよいと言われています。
ふわふわのパンというよりもっちり食べ応えがあって腹持ちがするなと言うのが私の感想です
どうして、楽健寺酵母を選んだのか?
これについてはまた今度書きたいと思います
今年中はモ二ター開催のお教室
来年からは基本のお教室と別に毎月アレンジメニューも作れるお教室も開催の予定です
お教室は不定期となるため開催日やメニューについてのお知らせが出来るようにLINE@はじめてみました。こちらのQRコードまたはリンクからお友達追加してみてくださいね
 https://line.me/R/ti/p/%40icb4745o